読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DailyDiaryCron

かきため

年商1000万超のITフリーランス

私がどのように1000万のITフリーランスへ達した生い立ちとなります。

ITフリーランス とは

「ITフリーランス」とは何か。ググってみましょう。 f:id:aquarickn:20160617174008p:plain

  • 高額報酬
  • 最高報酬140万・200万
  • 平均年収700万以上
  • 案件多数
  • ITエンジニア

画像にもあるようにこんな感じの特徴があります。

不安

私もITフリーランスになる前に思ったのは、 「悪徳商法か?」「胡散臭い」「大丈夫なのか?」「ありえねぇ」 こういう思いが出てきました。

Webだけの情報では不安です。

フリーランスになる前のSIer時代、実際にITフリーランス・個人事業主と名乗る人・なったことある方々に話を聞いてみました。

「正社員じゃ貰える額少なすぎる」 「君に今70万払っているけど、半分も貰ってないでしょ?会社にぼったくられてるでしょ?w 絶対フリーランスになった方が儲かるよ。君ならやった方がいいよ」 「今からフリーになっても今なら飽きたら正社員になればいいよ。俺もそうしたから。」

実際にフリーランスになった人たちの話はやはり心強く、 メリットは胡散臭いメリットも信じて良さそうだと分かりました。 半年後には時期案件が決まって、開業届を出してその案件にジョインしました。

今もなお、フリーランスになってからその案件に従事しています。

よく言われるフリーランスのデメリット

様々な記事やネットの情報に、フリーランスのデメリットとして言われていることがあります。

安定した収入は望めない

普通の会社員であれば、月末締めの翌月○日払いとなっています。 しかし、フリーランスでは月末締の翌々月となります。この点はフリーランスになった時にそれなりの貯金が必要なります。 会社同士のやり取りとなる為、このように支払いが遅くなります。

ただし、遅いからといって支払われないことはありません。 下請法があり、60日以内に支払われることがルールとなってます。

よくある質問コーナー(下請法)

安定した仕事は望めない

ITフリーランスは、仕事が安定しないことがあります。 「案件多数」「月100万超」とあっても受ける側の スキル不足 や 環境に適さない ような場合、 もちろんその会社との契約は取れません。

契約が取れたとしても、1ヶ月・3ヶ月・半年などの契約期間があり、 すぐ打ち切られてしまう場合があります。 もちろん、3年以上続くような長期案件も存在します。

見栄えだけは良い人は、1,2ヶ月で良い環境を求めて超高速回転波乗りおっさんをする人もいるでしょう。 その人次第なので、それが良いか悪いかはわかりませんが、そんな人とは仕事がしたくありません。

全業務をこなす必要がある

SIer経験の人は、プログラミングやサーバ構築などのエンジニア業務を行っていれば、給料をもらえます。 ITフリーランスはこれに加え、すべての業務をこなさなければなりません。

  • 経理
  • 確定申告
  • 営業
  • 契約

ただし、最近ではこのような業務を支援してくれるサービスが多くあります。

経理・確定神獄は、最近では特に多くの会計ソフトがこの世に出ています。 それすら分からない場合は、素直に税理士へ数万支払い、アドバイスを得ることをお勧めます。

営業・契約では営業支援を行ってくれるフリーエンジニア向けエージェント。 マージンは多少取られますが、正社員の時よりは遥かに報酬は高いでしょう。 ですが、報酬が高いだけで目がいってはいけません。 フリーランスは、頂いた報酬からさらに税金を収めなければいけないので、 あまりに低い報酬の案件は正社員の時より下がる可能性も、もちろんもあります。

年商1000万超えた経緯

話もずれてきて何を話したいのか分からなくなってきたので、 最後に自分がなぜ年商1000万を得ることが出来たのか。

ちなみに私のスペックです。

  • 年齢: 30
  • 月90万超の売上
  • 年商1000万・年収に直すと600万程度

「これ以上の報酬を支払う場合、マネジメント業務もやってくれないと。」と話をされていて、 素直にマネジメント関連を伸ばすか、1つだけの仕事だけではなく複数の仕事をするか、 悩んでいるところです。

スキル

ハードはもうクラウドが駆逐していくと考えても良いでしょう。AWSGCPは触っておけばなんとでもなります。 ちなみに、情報処理系の資格は一つも持っていません。試験日に起きれない・資格勉強出来ない人です。

仕事内容は詳しくかけませんが、ほぼ一人でシステムの構築・開発をコツコツやっています。 つい先日大きめのシステムをリリースし、安定稼働だったので他の人に追加開発はお任せして、 また新しいシステムの構築・開発してます。 このくらいのスキル・仕事が出来れば、ある程度同じくらいの収入は保証出来るのではないかと思います。

年収と年商

ちなみに、年商と年収はもちろん違います。 ですが、フリーランスは様々なものを経費に出来るので・・・。 ITフリーランスになって経費をどこまで使うべきかという点で様々得た話では、 最低でも300万。400万くらいまでは頑張って経費計上しても良いと暗黙の了解的に話を聞きました。 この辺は人それぞれの考え方なのですが、サラリーマンと比べた場合、 税金以外の経費は年収に含んだ計算としても良いというのも、間違いではないのではないかと思います。

最後に

ITフリーランスになってから、考える事は遥かに多く大変になりました。大変になりました。 その分、金銭面は遥かに豊かになりました。無駄な贅沢も増えました。

さらに、今までブラックボックスとなっていた。いや、見ようともしなかった税の話や 事業の考え方を知ったのは、この世を知る上でとても良い経験になっています。 大企業でもない限り、SIerの出来る方は是非ITフリーランスの道を歩み、 この世のお金の流れを知り、体感してみても良いのではないかと思います。

いつかは起業もしてみたいものです。